プリニオリーバについて

ABOUT

プリニオリーバについて

6000年の歴史に、先進科学で新たな答えを。
オリーブに宿る特別なチカラを、あなたの肌に。

オリーブは、無数にある素材や油のひとつに過ぎない。
そんな世界の認識を、私たちは変えていきたい。

オリーブは料理で味わうもの。
オリーブの葉や果汁は捨てるもの。
健康に良い他の植物性油と同じもの。
そんな人々の常識を、私たちは超えていきたい。

古代ローマ、神話の時代から特別な力を認められ、
人類にとって必要不可欠だったオリーブ。
私たちは、6000年もの歴史・文化・伝統に立脚し、
現代の先進科学を掛け合わせることで
オリーブ本来の力を引き出していく。
日本・スペイン両国に自社農園を持ち、
70年以上に渡って研究を重ねてきた私たちだからこそ、
オリーブと人間の結びつきを
蘇らせることができると信じています。

古代ローマの博物学者「プリニウス」が、
葉から根まで薬剤の塊と評したオリーブ。
オリーブを丸ごと使うことで、
肌の酸化バランスを取り戻し、全身をメンテナンス。

特別な意味を持つオリーブで、人々を包み込もう。
ただ見た目を美しく保つだけじゃない。
人間としてより良く生きていくために。

私たちは、PLINI OLIVAです。

会社概要

商号
日本オリーブ株式会社 Nippon Olive Co.,Ltd.
商標
オリーブマノン、赤屋根他
創立
1949年6月1日
資本金
40,250千円
事業内容
化粧品、食品、苗木の製造販売
従業員数
96名(2021年5月31日現在)
本社所在地
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3911-10
取締役社長
服部 芳郎
本社
〒701-4302
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3911-10
TEL:0869-34-9111(代)/FAX:0869-34-9152
食品工場
〒701-4302
岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3814-1

会社沿革

1942年
創始者 服部和一郎(社長の曽祖父)が牛窓の丘陵を開き、オリーブを植樹。
1949年
日本オリーブ株式会社を創立。
第一号商品「オリーブマノン バージンオイル」(現在の「オリーブマノン化粧用オリーブオイル」)を発売。
1952年
化粧品業界初の生薬「紫根」「当帰」配合クリーム発売。
1955年
化粧品業界初の無香料シリーズ発売。
1972年
山形の医師篠田秀男氏よりアテネの名木「プラトンのオリーブ樹」を譲り受ける。
1973年
化粧品業界初のオリーブ果汁配合化粧水発売。
1984年
第1回JAPAN牛窓国際芸術祭を開催。(9年間、第9回まで開催)
1992年
スペイントルトサに自社農園開設。
1994年
オリーブ葉エキス配合化粧水発売。
第一回牛窓オリーブ収穫祭を開催。
1999年
創立50周年を記念して「幸福の鐘」を設置する。
2000年
国際化粧品原料にオリーブ果汁を登録。
2010年
共同研究で「Bオリボール」(抗酸化性化合物及びそれを含有する組成物の製造方法、並びに、それに用いられる新規微生物)の特許を取得。
2012年
豊和株式会社との共同開発により液体CO2抽出紫根エキスの特許を取得。
2019年
共同研究で「Bオリボール」(オリーブ葉抽出物を酵母処理することにより得られる抗酸化物質)の特許を取得。
2021年
「Bオリボール」配合の化粧品発売。